首のイボ オリーブオイル

オリーブオイルの簡単ケアで首のイボが取れる?!痛くない治療を探している人へオススメ!

お料理に使用する「オリーブオイル」。今回はこのオリーブオイルの意外なイボへの効果について解説していきます。

 

ポツポツとできた首のイボ。 これがあると見た目年齢がガバッと上がっちゃって なんだかショックですよね。 途端に何歳か老けた気分になってしまいます。

 

この首のイボ、なんとかして取りたい! と思うのが女心なのですが、 「皮膚科で液体窒素で凍結療法」なんて聞いただけで 痛そうでげんなりしてしまいますね。そんなイボにオリーブオイルが効果があるってご存知でしたか!?オリーブオイルにそんな効果があるなんて・・・!?噂の真相をご紹介しましょう。

 

 

液体窒素で凍結する場合 超低温の液体をしみ込ませた綿棒で イボを一気に冷やして 異常組織を壊疽させるのですが かなりの痛みが伴うそうです。 しかも一回では終わらず数回治療を受けなければいけません。 レーザーで治療する場合は痛みなどはないようですが 保険が適用されないので高額に。

 

ネットなどで調べているとオイルで首のイボが取れたという体験談を目にすることもあります。 病院で施術を受けたりせず 自宅のセルフケアで首のイボが取り除けるといいですよね。 いろいろなオイルがあるようですが 今回は その中でも 身近なオイル、オリーブオイルに焦点を当ててみたいと思います。

 

【オリーブオイルで首のイボをセルフケア】

 

<オリーブオイルの主成分>

 

オリーブオイルはオリーブの果実とその種子を圧搾して作られる油脂です。 オリーブオイルには 不飽和脂肪酸のオレイン酸が豊富で 他にもリノール酸、リノレン酸、パルチミン酸、ステアリン酸などが含まれています。

 

オリーブオイルは コレステロールの低減作用や 動脈硬化、高血圧、心血管障害などの予防対策、胃潰瘍や便秘の改善に効果的だといわれ 健康油として食されていますし また、美肌にも効果的だといわれています。

 

オリーブオイルの主成分のオレイン酸は 過酸化皮脂の予防に、 リノール酸は 皮膚の乾燥や老化 角化症の予防、 リノレン酸とパルチミン酸は紫外線から肌を守り、 ステアリン酸は皮脂分を補う効果などがあるといわれています。

 

最近は 化粧落としにオリーブオイルを使用する女性も増えているようですね。 オリーブオイルは肌に負担をかけにくいオイルなんですね。

 

<オリーブオイルでの首のイボのケア方法>

 

首のイボは肌の老化が原因になっています。 なので首のイボの改善には肌の新陳代謝を上げ ターンオーバーを正常に戻し 紫外線によるダメージを防ぐことが必要になります。

 

実は、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は人間の皮脂に一番多く含まれるものなんですね。 そのオレイン酸が 皮膚を柔らかくしてターンオーバーを助けてくれることによってイボを改善してくれるとされています。

 

やり方は簡単で オリーブオイルをイボに丁寧に塗り込むだけ。 サイズが小さくて散らばってできているような首のイボでも これなら簡単にお手入れできますね。 老化が進んだ皮膚はとても乾燥しやすいのですが オイルでしっかりと潤いを与え続けると アンチエイジング効果もあって 首のイボがぽろりと取れしまうそうです。

 

人によっては数日で取れてしまう人もいるようですが 大抵の人はもう少し時間がかかるようです。 なので数週間はじっくりとオリーブオイルを塗りこんでみましょう。 また オリーブオイルは オレイン酸の豊富なエクストラバージンで 古いものだと酸化している可能性もあるので なるべく新しいものを使ってみてくださいね。

 

皮膚科などを受診することに比べれば 気軽に安価でできますので まずはオイルでセルフケアをしてみて下さい。

 

>>セルフケアに最適!艶つや習慣の詳細はこちら

関連ページ

首のイボにかゆみがある時は要注意!【内臓疾患の可能性も?!】
かゆみのない首のイボはほぼ心配ありません。 でもかゆみを伴う首のイボは? もしかしたら内臓疾患などのサインかも! 首のイボのかゆみ、痛み、急激な変化には要注意!
首のイボを杏仁オイルで簡単セルフケア!【意外な方法を伝授!】
杏仁オイルは首のイボへのミラクルオイル?! 杏仁オイルで首のイボが簡単に取れ美肌に生まれ変わるセルフケア!